ひやおろし特集

新酒に火入れをして一夏を越え、(もともとは)外気と蔵の内部の温度が同じくらいになった頃、2度目の火入れをせずに詰めたお酒を「ひやおろし」といいます。

円熟味が魅力で、味覚の秋を賑わす大事な役者。

日本の秋は、これがなくちゃ。